市民農園とは

本格的な農業体験の方法として、市民農園を借りるというのが流行っています。市民農園というのは、簡単に言うと畑を貸してくれる施設のことです。田んぼや畑というのは、農家が個人で所有している土地なのですが、自由に買ったり売ったりすることは法律で禁止されています。

市民農園で自分の畑を持つ

田んぼや畑というのは、農家が個人で所有している土地なのですが、自由に買ったり売ったりすることは法律で禁止されています。

そのため、農家でない人が農業体験をしたいと思っても、全ての工程を自分の思い通りにやるというのは難しかったのですが、最近になって市民農園整備促進法や特定農地貸付法などの法整備が進み、お金をもらって農地を誰かにリースする、ということが以前よりも簡単にできるようになりました。

また、団塊の世代の退職時期とも重なり、老後の余暇の過ごし方として、小さな農地を借りて自分で野菜や果物、花などを育てる人が増えたということもあります。

市民農園

多くの市民農園は、農地の一角に水道施設や農具小屋などを整備しただけの簡単なものですが、最近では、最初から市民農園として貸し出すために農地を整備するということも行われるようになっています。

アグリス成城などは、まさにそういったケースです。小田急鉄道が成城学園前駅の近くの線路を地下化したとき、その線路の上のスペースを活用する方法としてレンタル菜園にすることになったそうです。

他にも、宿泊施設がついたような市民農園もあり、寝泊まりしながら農業体験ができるというのが定年後の夫婦に受けているのだとか。こういった施設は市民農園の中でも特にクラインガルテンと呼ばれています。

市民農園を利用する上での注意点

農業体験の方法として、自ら農地を持つことなく、農地を借りて農業を行う市民農園が人気を集めています。

ただし、市民農園を借りたからといっても、自分が自由に使って良い土地ということではありません。農地をレンタルする場合に、守らなければならないいくつかの基本的なルールをおぼえておきましょう。

まず、農業経験がない人が農作物を作ろうとすると、どうしても無農薬野菜を作ってやろうとか、有機肥料だけで野菜を栽培しよう、と意気込んでしまう人が多いものです。

市民農園

しかし、実際の畑では、一区画だけで無農薬栽培をした場合、その区画で発生した害虫が周りの区画に飛散してしまいます。他の区画が農薬を使ったとしても、害虫は無農薬区画に逃げ込み、農薬の効果が切れた頃に周りの区画に戻るといういたちごっこになってしまうのです。

つまり、無農薬栽培の野菜というのは地域ぐるみでの取り組みが必要で、自分だけがやろうとしても絶対に無理なものなのです。そのため、市民農園の多くは無農薬栽培を禁止していますし、禁止しないまでも周りの利用者とのトラブルに発展する可能性も高いので、やめておきましょう。

また同じ理由で、レンタル期間にも関わらず、自分の都合で野菜作りを放棄して、雑草を生え放題にするといったことも、マナー違反になります。農業では、土地を借りるお金を払ったのだから何をしたって、しなくたって誰に文句を言われる筋合いもない、という言い分は通じません。

また市民農園の中には、あらかじめ作る野菜が決められているものもあります。これは連作障害を避ける意味合いと、やるからにはおいしい野菜をきちんとしたかたちで育てて欲しいという農家(農地のオーナー)の思いが込められたルールといえるでしょう。


Copyright 農業を体験してみよう All rights reserved.